成果が出せたときが何より嬉しい

2014/09/16

こんにちは。広報の大野です。

今年は残暑もあまり続かずさくっと秋になりそうですね。

さて、「今月の主役!」も7人目となりました!

前回竹入さんよりご紹介頂きましたこの方。

長友裕輝さん(33)Webインテグレーション事業部 プロデューサー
名刺のモチーフ クマムシ

それではスタートでーす!


☆メタフェイズに入社してどれくらいですか?

 2005年の8月に入社したので、来年の8月で10年です。

☆なぜメタフェイズに入ったんですか?

 大学在学中大学院行きたかったんですけど、勉強が嫌いだったので、
 進学するか就職するか迷って答えがでなくて、海外に逃亡したんですよ(笑)
 そこで2年弱ぐらい生活をしていて、
 当時流行っていたFLASHを使ったアニメーターの人と出会いました。
 その人とお仕事をする機会があって、Webに興味を持ったのをきっかけに、
 就職先として考えて、帰国後たまたまメタフェイズに出会ったって感じですね。
 だからメタフェイズじゃなくても良かったんです(笑)

☆でもずっといるということは、メタフェイズに入って良かったなと?

 僕が入った時って30人位しかいなくて、教育体制も整っていなかったんですよ。
 その代わり、色んな事にチャレンジさせてくれるので、
 お客様に怒られたりしながらも、そのぶん色んな事を勉強できたし。
 マナーも知らないし、インターネットのことも知らないし、
 ビジネスのことを何も知らない状況の僕をわざわざ雇ってくれて、
 チャレンジさせてくれたっていうところはすごく嬉しかったところですね。

☆メタフェイズの強みってなんだと思いますか?

 他に比べて圧倒的に自由だし、働きやすい。
 上司にさえ話ができればやりたいことをやらせてもらえるし、
 会社のルールって、必ずしもお客様のためにあるものとは限らないじゃないですか、
 そういうルールが少ないので、お客様のためにこうするべきだっていうのがあれば、
 そのルールの変更っていうのは認めてもらいやすいです。
 そういう意味では他社と比べて柔軟性や機動力ってのはあると思います。

☆忘れられない仕事ってありますか?

 
 失敗した仕事は覚えてますね。
 プロデューサーとしても未熟だったから上手くしきりができなかったり、
 要求に対して満足のいく品質が提供できなかったこともあるし。
 成功した案件って、
 成功に喜んでしまって何で成功したのかって振り返らなかったりするから、
 失敗した案件の方が学べるんですよね、恥ずかしいし、次絶対こんな思いしたくないし。
 失敗って反省して勉強するためのモチベーションの塊なんですよ。
 なので、今考えると、経験しておいて良かったなと。
 二度とあんな思いはしたくないですけど(笑)


☆仕事で楽しいと思う瞬間は?

 「営業とプロデューサーってどう違うの?」ってよく聞かれるんですけど、
 営業って発注をもらった時がたぶん一番嬉しいんですよ。
 でもプロデューサーってやっぱり自分で企画考えて成功させないといけないんで
 発注もらう時も、もちろん嬉しいけど、
 それ以上に、形になって実際それが成果が出せたときが何より嬉しいです。

☆仕事でこだわっているところ

 依頼してもらったWebサイトのことだけを考えても
 企画ってうまくいかないことが多くて。
 一回Webサイトのことは忘れて、何をどうしたら「売上が上がるのか」
 「課題解決ができるのか」というところをまず考えて、
 その次にじゃあWebサイトはどう作ろうかっていうのは考えることで・・・。
 考え方の順序はちゃんと守ってます。

 よく「リニューアルしたいです。」ってくるじゃないですか。
 でもそれってリニューアルすることが目的じゃなくて、
 本来売上をあげるのが目的だったりするんですよね。
 そうすると、コーポレートサイトにもうお客様がいる前提で物事考えると
 もちろんうまくいかないので、Webサイト制作の前に、
 誰をどうやってWebサイトに連れてくるかってとこから考えて作らないと、
 人ってこないんです。


☆プロデューサーっておもしろそうですよね。

 やったことの効果ってプロデューサーが一番目に見てわかりやすいし、
 いろんな会社の仕事の表と裏をみれるのでおもしろいですよ。
 ただ、それはプロデューサーに限らず
 お客さんのこと知りたいと思うモチベーション次第だとは思うんですけど。

☆今後の課題はありますか?

 課題というか、T字型人間になりたいです。
 ひとつのことに特化していくというのは、それはそれで重要なんですけど、
 それ以外にももっとこう色々な横の知識だったりとかっていうところをつけていきたいなと。
 広く浅くという視点を持った方が、
 自分と違う立場の仕事をしている人たちの気持ちになって話もしやすいと思うし。


☆お休みの日は何してますか?

 超ゲーマーですよ。土日ずっとやってても平気。
 少し怖いゲームとかよくやってて、昔からそういうの好きで・・・。

 僕ね、小学校3・4年の夏休みとかすることないから、
 2時間ぐらいホラービデオの棚の前にずっと立って選んでたのね、
 カウンターの兄ちゃんのとこにやっと選んだの持ってったら
 「君大丈夫?」って言われたことあるんですよ(笑)
 当時はなんでこんなこと聞くんだろうと思ったけど、
 今考えたら僕がカウンターの兄ちゃんでも聞くなあと思って(笑)

 最近は少し大人になって、
 胃に来るようになったのであんまり見なくなったけど(笑)
 
 
☆意外ですね!仕事中の長友さんからは想像つかないです。
 
 暗いですよ僕。基本的に(笑)
 もうだから(この記事を通して)みんなにありのままも知っておいてもらいたい。
 リア充の対局にいる人間だと思ってるので。
 友達も少ないもん(笑)

☆紹介で寡黙とあったように、普段あまりご自分の話はされないですよね。

 まず僕、実はすごく人見知りなんですよ。
 こういう仕事してるからほかの人と話す時とかに
 テンションを上げたりっていう術は覚えたけど、
 基本的には知らない人と話すの結構大変なんですよ。

 精神的体力が低いから、このインタビューも相当体力使ってます(笑)

 人と話すのが嫌いとかじゃないけど。
 ひとりが好きというか、ほんと暗いんですよ(笑)

 仕事に関する話は最近こういう技術すごいよね?とかっていう話はしますけどね。
 モチベーションの話っていうか何を目指してるかみたいな話は
 青臭くなるというか照れるから話さないです。

 聞くのが仕事だったりもするじゃないですか。
 そうすると、とたんに自分のこと話そうとしたりすると、
 何しゃべっていいかわからないんですよね。
 しゃべるからにはちゃんと伝えたいんだけど、上手くしゃべれなくて、
 伝わらないことがこわくてしゃべらない。

☆意外とビビリなんですね。

 いやでもビビりって強みですよ?
 だからこそ事前の下準備とか、シュミレーションとかをして、
 策を巡らせておくことができるから。
 心がタフな人って、その場でなんとかしちゃうというか、
 そういう種はある意味羨ましいけど。
 ビビりってそういうところでは用意周到だから強みですね。

☆次回の主役は?

 粟野 唯史さん(31)Webインテグレーション事業部 ディレクター
 名刺のモチーフ イカ

DSC04689.JPG


☆粟野さんを指名した理由はなんですか?

 なんか自分とは正反対の人のように思っていて。
 そういう意味で興味があって、人との接し方とかが、
 彼はすごくマイルドで柔らかい感じがするし。
 考え方も違うだろうから、単純に興味がありました。


ということで!「今月の主役!」いかがだったでしょうか?
私自身、今回は普段なかなか聞くことのできないお話が聞けました。
メタフェイズ社員が見たら、私同様、意外性に驚く方もいるのではないでしょうか。

そんな社員の素顔が知れる「今月の主役!」
来月も沢山のお話を聞いていきたいと思います!

それではクマムシについての説明です。

DSC04678.JPG

クマムシは、
体長50マイクロメートルから1.7ミリメートルというとても小さな緩歩動物です。
ありとあらゆる環境に生息していて、
極度の乾燥状態・150度もの高温・絶対零度に近い極低温・真空から高圧にまで耐える、
おそらく地球上最強の生物ではないでしょうか。

クマムシは乾眠という仮死状態になることで
なんと宇宙空間にさらされても生きていたんだそうです。
太陽光を直接浴びても生き残っていたクマムシもいるんだとか。。。

生命の神秘を感じますね。。。
今後もその再生能力から素晴らしい未来が期待できそうです!
長友さんにも思う存分期待しましょう!

ちなみに代表がクマムシをつけた理由がこちら

 「長友君のクマムシは本人の希望です。
  以前がセミの抜け殻だったので、
  もう虫でいいのでせめて世界最強のムシにしてくれと・・。
  てことで最強のクマムシです。」

と、いうことでした。

ちなみに直談判した長友さんになぜクマムシか聞いたところ、

 「チャーミングなのにタフじゃないですか!僕にそっくりだなって(笑)」

DSC04627.JPG

チャーミング・・・?かどうかはさておき、
以前がなぜ蝉の抜け殻だったかの方が気になるところです。。。

基本的には代表の独断と偏見で決まる名刺の生物ですが、
強い直談判があれば変更も可?


それでは今回はこのへんで~♪

※長友裕輝さんは退社いたしました。メタフェイズ一同、今後の活躍に一層期待しております!

一覧へ戻る

採用情報

進化し続ける人、求めています。

変化の多い社会から必要とされる会社でありたい。

メタフェイズが大切にしているのは顧客本位の原点です。

あなたのヤル気とセンスが選考のポイントです。

ENTRY