服装自由の真相

2016/01/25

こんにちは、広報の大野です。

現在メタフェイズでは、ディレクター、Webデザイナー、プログラマーの採用を行っています。
そんな中、募集要項などでよくみる服装自由と髪型自由。
クリエイティブ職はほとんど自由なところが多いかと思いますが、メタフェイズももちろん自由です。
会社の就業規則を探しても、どこにも髪型や服装については記載していません。
そこで、今回は服装がどこまで自由なのか、取締役にコメントを頂きながら検証してみることにしました!

まずは、恐らく通常スーツで出勤の会社では絶対見られないこの恰好。


「ジャージ」

DSC07567.jpg

運動着の代表!とも言えるジャージですが、
おしゃれに着こなし私服でもジャージを着る方も多いと思います。

【コメント】

ありです。彼はいったい何着持っているのだろう。常時、ジャージスタイルを貫いています。揺るがないこだわりが素敵です。
そんな彼もクライアント先にうかがう際にはジャケットを着ていますが、普段のジャージとのギャップが大きくて、一瞬誰だかわからなくなります。



「短パン」

shorter.jpg

ビジネスからはかけ離れた、短パンスタイル!


【コメント】

ありです。彼はメタフェイズの短パンリーダーです。毎年最初に短パンで来て、割と涼しくなってもまだで短パンを続けています。時折、「リゾート気分だね」なんて突っ込みますが、屈託のない笑顔で「そうなんです」なんて言われて完敗します。爽やかです。



「挑発的なTシャツ」

taikutsu.JPG
一見おしゃれに見えますが、よく見るとそこに書かれていたのは
「TAIKUTSU」たいくつ!!!!
まるで仕事が退屈とでも言っているようななんとも挑発的なこのTシャツ。

【コメント】

貪欲な姿には頭が下がります。そこまで主張するなら、難しい仕事はとくかく彼にお願いしようと決めました。



「派手な色・柄」

color.jpg

派手な色、水玉などの柄シャツや柄パンツ。思わず目を引くおしゃれ上級者アイテム!

【コメント】

ありです。時折、目がちかちかすることがありますが、社内が明るくなりますね。彼のファンもたくさんいます。



と、ここまでは許容範囲?
では、おそらく私服でも滅多に着ることない?こんな物たちはどうでしょう!

「パンク系」

punk.jpg

敗れたジーンズにライダース。パンクでハードに決める!

【コメント】

ありです。職務態度についてはパンクにならないことを祈ります。



「浴衣」

yukata.jpg

夏の風物詩ともいえる浴衣ですが・・・。
会社に着ていくとどうなるんだろう・・・。


【コメント】

ありです。たまにはね。かつては有志が浴衣で出社する「浴衣デー」もありました。



「萌え系」

meido.jpg

猫耳が可愛らしいメイドさん

【コメント】

さすがになしでしょうか。男性社員がそわそわしてしまいますよね。



「着ぐるみ?」

funa.jpg

某キャラクターが好きすぎるから、同じスタイルで仕事がしたい!!!!

【コメント】

絶対なしです。顔が見えないし、誰だかもわかりません。そもそも怖いです。
※これは社員旅行の余興の際のコスチュームで普段メタフェイズにはこんな人はいません。



ということで、今回は思いつく限りを取締役にぶつけてみました。

礼儀としてお客様の前に出る時はNGというものがほとんど。
ですが基本オフィスで仕事をしている時の服装は常識の範囲内で本人の裁量に任せられるようです。


ここで、メタフェイズのオフィスにピッタリの素敵な服装をご紹介!


これさえ羽織れば一気にオフィススタイルに!
優秀なジャケットスタイル!

DSC09400.JPG


シャツも色や柄で遊び心をプラス!

DSC00370.JPG


シンプルなカットソーには鮮やかな色のカーディガンで社内も明るくなります!


member2.jpg


どれも固すぎないけれど清潔感のあるスタイルです!
メタフェイズにはビジネススーツを着ている社員はほとんどいない為、
面接の際もスーツではなく、なるべく私服で着て頂くようにお願いをしています。

ぜひあなたのスタイルで気楽にいらしてくださいね!

一覧へ戻る

採用情報

進化し続ける人、求めています。

変化の多い社会から必要とされる会社でありたい。

メタフェイズが大切にしているのは顧客本位の原点です。

あなたのヤル気とセンスが選考のポイントです。

ENTRY