髪型自由の真相

2016/05/17

こんにちは、広報の大野です。
前回採用の募集要項にある「服装自由」について、どこまで自由なのかを
弊社取締役の折本さんよりコメントを頂きながら検証しました。
今回はそんな採用の真相に迫るシリーズ第二弾として「髪型自由の真相」を検証していきたいと思います。
今回もメタフェイズ取締役の折本さんよりコメントを頂きます。

さらに!!!!
今回は、一部メタフェイズ社員の若かりし頃の写真をお借りして検証!
メタフェイズ社員の思いもしない姿が見られるかも??
それでは最初の髪型はこちら。

<ロングヘア>

eeacd2588c9a8a2f5c42636216efb23e_s.jpg

女性はもともと多いですが、最近は増えてきた男性のロングヘア、
しかし男性のロングヘアは認められていない会社さんもまだまだあるようです。
メタフェイズでは、男性のロングヘア、どうなんでしょうか?

【コメント】
男性のロングヘア、まったく問題ないです。そういえば、ここ最近のメタフェイズにはいないですね。

ということで、ロングヘアはOK!
では、ロングはロングでもこちらはどうでしょうか・・・

<ドレッドへア>

1606_001.png

こちらは社員Aさんの10年程前のお写真。
今にもレゲエが聞こえてきそうなヘアです。

ちなみに、ドレッドへアを顔に巻くとこうなるそうです。

ari_d02.jpg

【コメント】
Aくん、メタフェイズに来る前はこんな感じだったんですね。今と比較するとかなり印象違います。
ドレッドヘアNGということはもちろんないのですが、TPOに合わせてまとめるなり、畳むなりの努力は必要かな。
特に顔に巻き付けるのはやめてほしいです、怖いから。

ということで、ドレッドもOK!
お次はこちら、

<アフロヘア>


p1605.jpg

こちらは社員Pさんの、なんと20年程前のお写真。
テレビや漫画ではよく見かけますが、実際はあまり見ない髪型ではないでしょうか。

【コメント】
これはアフロなのかな。いずれにしても髪型についてNGではないです。
ピースと眼光があっていないので、そこについてはNGです。


という事で、アフロもOK!
では、短い髪でも目立ちたい!そんな方はこんな髪型いかがでしょうか。

<カラーで遊ぶヘアスタイル>

gold1005.png

見事な金髪。
こちらは社員Tさんが学生の時のお写真。
Tさんは当時、他にも様々な色にしていたようです。

color1605.jpg

金、銀、赤、紫とかなり激しい色もありますが、メタフェイズではカラーはどこまでOKなのでしょうか?


【コメント】
はい、問題ないです。髪色についても規定はありません。

最後はこちら、
<ツーブロックヘア>
最近は女性でもサイドを刈上げてツーブロックをする方が増えました。

awano.png

こちらの写真は社員さんの3年前の写真
下半分を大きく刈り込んだツーブロックスタイルの頭です。
メタフェイズでは刈上げ・ツーブロックはありなのでしょうか?


【コメント】
はい、もちろん問題ないです。
むしろ田んぼでサングラスで何をしていたかが気になる1枚です。

ちなみに、Aさん、この写真の時は既にメタフェイズ在籍中・・・
OKとはいえ、この髪型を見たとある社員に「一緒にお客様のところに行きたくない」とハッキリ言われてしまい、
「これ以上はダメだな」と悟った事もあるそうです。

ということで、
かなり自由とはいえ、お客様を驚かせてしまわぬよう、TPOに合った髪型を・・・というところでしょうか。

それでは、過去様々な髪型をしていた社員の現在の髪型を見てみたいと思います。
過去ドレッドヘアだったAさん

DSC06372.png

現在黒髪短髪というかなりさっぱりした髪型になっています。
爽やかさを残しつつ、髭でワイルドさも出していて素敵です!


そしてとてもカラフルな頭だったTさんは

DSC09063.png

こちらも黒髪!ビジュアル系から一転、今時のおしゃれヘアになっていました!

大きな瞳が際立ってますね!

そして、アフロヘアだったPさんは・・・

DSC09511.JPG

なんと!こちらも最近人気のダンディなシルバーヘアに!
年齢を重ね、素敵なヘアスタイルになっていました!

そして下半分全て刈上げだったAさんのヘアーはすっかり伸び、
現在は上海で頑張るTさんが変わって刈上げスタイルを貫いています。

DSC025961605.JPG


現在のメタフェイズのオフィスには極めて目立った髪型の社員はいないように思いますが、
もしかしたら見慣れてしまっただけなのかも?

ということで、今回はこのへんで~♪

一覧へ戻る

採用情報

進化し続ける人、求めています。

変化の多い社会から必要とされる会社でありたい。

メタフェイズが大切にしているのは顧客本位の原点です。

あなたのヤル気とセンスが選考のポイントです。

ENTRY