自分が成長できたと実感できると楽しい

2017/03/28

こんにちは、広報の大野です。

「今月の主役!」も37人目!ということで、
今月はこの方!

比佐賢一さん(34)インテグレーション事業部 プログラマー
名刺の生物 オケラ

hisa1.jpg


☆メタフェイズ入社はいつですか?

2016年の9月1日ですね。

☆プログラマー歴はどのくらいですか?

兄がデザイナーをしていて、その影響で大学からこの業界でプログラムの仕事をしていて、
前の職場ではグループ会社に転籍したりしましたが、同じグループに11年くらい在籍していました。
Web業界自体が若いというのもあって、いつの間にかベテランに見られるようになりましたね。

☆プログラマー以外の事をやってみたいと思ったことはないんですか?

プログラマーと言っても、色々分野があるので、
今までフロントエンドしかやってないけど、システム開発してみたいとか、
プログラマーの中でも違うことをやって自分の欲求を満たしていけたので
今も続いているのかなと思います。

hisa2.jpg

☆なぜメタフェイズに入社しようと思ったのですか?

転職活動の際に、色々な会社の方と会ったのですが、Web制作とは異なる業種ではピンとくるものがなくて、
メタフェイズの面接に来た時は、雰囲気とか、言葉遣いとかが
同じ業界の人だな、入社したら馴染めそうだなと感じました。

☆入社前と入社後でのギャップはありましたか?

社内が静かだなというのはすごく感じました。
でも、プログラマーは黙々と作業することがよくあることなので、
そういう時は静かな方が集中できていいなと思いますね。

☆他にメタフェイズの良いところはありますか?

そうですね。安直なところでいくと、出社や退社時間の自由度が高いところ(笑)
仕事で言うと、良くも悪くも、個人の裁量が大きいところですかね。
「ここはこういう仕様で作ってね」って細かく決まっていると、
裁量の余地がなくなって、成果物を作る意欲が薄れてしまうので、
ある程度自由にさせてもらえる部分が残ってる方がやりやすい時もあります。
自分の得意なもので出来るっていうのもあるし、
使いたいツールを使えたり、スキルの向上に役立つエッセンスを入れられたりするので。

hisa3.jpg

☆仕事でのこだわりはありますか?

逆に色々こだわらないのがこだわりですかね(笑)
この業界は技術の流行り廃れとかがよくあるので、
これだけを頑張るってこだわるよりも、色んな技術に節操なく飛びついた方が
楽しいし、業界の変化にもついていきやすいと思いますね。

☆自分の強みはどこだと思いますか?

フロントエンドと、サーバーサイドと、iOSアプリと、
結構広めの範囲でエンジニアとして対応きるところが強みですね。


☆楽しいと思うときはどんな時?

良いコードが書けた時も、お客さんが喜んでくれた時も嬉しいですし、
同時に自分で成長できたと実感できれば楽しいですね。
過去にECサイト開発をして、公開後も売り上げが伸びるよう修正・改善していって、
そのビジネスが育っていくのは面白かったですね。

☆やりがいはなんでしょうか?

成果物とかサービスを完成させられるところですかね。
企画だけでも、デザインだけでも、世の中にそのまま出ていくことはないので、
完成させて、世に出せるポジションがプログラマーだと思います。
そういった最後に形にして作っていく面白さとか感じられる人は
エンジニアに向いてるんじゃなないかなと思います。

hisa4.jpg


☆今後やりたいことはありますか?

サービス開発をもっとやっていきたいですね。
ビジネスとして育てていくというのが面白いなって思います。
ただ、どうやってビジネスとして育てていくのかってところは
スキルとして備わっていないので、勉強していかなきゃと思いますね。

☆お休みの日は何してますか?

趣味が散歩なので、よくやるのが使ったことのない駅まで行って、
地図を見ずにぶらぶらすることですね。
知らない街でどこに行けばいいのか見当もつかない状態で歩くのが好きです。

☆次の方の指名をお願い致します。

高須賀 空さん(25)インテグレーション事業部 ディレクター
名刺の生物 カラスアゲハ

hisa5.jpg


☆ご指名の理由は?

つい最近一緒に案件をやったので、
あと、男性社員が続いたので、バランスを見て(笑)

☆比佐さんからみた高須賀さんはどんな人?

少年みたいな、明るくて、頑張ってるなーって印象ですね。
最近一緒にやった案件でも、すごく頑張ってるなって思いました。
すごく良いキャラしてますよね。

というわけで、今月の主役いかがだったでしょうか?

今回の生物は「オケラ」

hisa6.jpg

誰もが知っている「僕らはみんな生きている」の歌詞で登場するので、名前は知られていますが、日本全域に同一種が存在しているにも関わらず、実物を見たことのある人は3割しかいないそう・・・。
それもそのはず!
オケラはなんと、エサ取りから産卵まで生涯をほぼ地中で過ごすんだそうです!

ちなみに、代表にオケラにした理由を伺ってみました!

「いつもは先に人物を見てから生物キャラを決めますが、
〝おケラ〟は僕が大好きなフォルムを持っている虫で子供の頃よく捕まえて遊んでました。
あまりに好きだったのでフィギュアも先に買ってしまい、毎日眺めながらおケラに似合う人来ないかなーと思っていた所へ、なんとピッタリの雰囲気を持つ比佐くんが入社してくれたという訳です。
まさに奇跡的な巡り会いだと思ってます。」
とのことでした。
比佐さんにオケラになった感想をお伺いしたところ、
「別に嫌ともやったーとも、何も思わなかったです。」
という、奇跡的巡り合いを感じた代表とは反し、なんともドライな回答をいただきました。

ということで、今回はこのへんで~♪
次回は女性ディレクターの登場です!

一覧へ戻る

採用情報

進化し続ける人、求めています。

変化の多い社会から必要とされる会社でありたい。

メタフェイズが大切にしているのは顧客本位の原点です。

あなたのヤル気とセンスが選考のポイントです。

ENTRY