2018/07/18

こんにちは!広報の大野です。

今月の主役53人目はこの方!

姜辰衡さん(37) リテンション事業部 プログラマー
名刺の生物 クロサイ 

kan03.jpg

☆入社時期を教えて下さい。

3年前の・・・2015年3月19日です。

(日付まで覚えているんですね!すごい!)

☆メタフェイズに入る前は何をされていたんですか?

前の会社では6年8カ月位、システムエンジニアとして主に自社サービスの改修と運用しながら受注案件の開発をしていました。

☆なぜこの業界で働こうと思ったのですか?

今後生きていく為には技術が必要だと思い、
昔からパソコンに興味があったのでプログラマーになることを選びました。

☆姜さんは韓国出身ですが、なぜ日本で働こうと?

韓国の大学では貿易を専攻していたので、外国での生活に憧れていました。
日本のアニメや漫画やゲームも好きだったこともあり、大学を卒業してから、
韓国にある日本のIT企業への就職を斡旋している職業訓練学校のようなところにいきました。
そこで1年間日本についてと技術を学んで、日本で就職をしました。

☆憧れていた外国での生活を実際にされて、何か大変ことやギャップはありましたか?

言葉は一番大変でしたね。
日本語を聞くのはなんとなくできますが、話すのはとても難しいです。
でも日本は韓国と同じアジアの国でもあるし、
お互いに影響のある国なので、正直あまり変わりません。
もっと色んな人と出会って、人生が広がると思っていましたが、
忙しい業界であることと、自分の性格も奥手なので、それもあまりなかったです(笑)

kan02.jpg

☆それでは、メタフェイズに転職を決めたのはなぜでしょう?

前の会社を辞めてから、新しい会社を探していた時に登録していた求人サイトで
スカウトメールをもらって、WEBサイト等を見て面白いなと感じました。
他の会社の選考も受けていましたが、
メタフェイズは面接での雰囲気がとても良かったので、入社を決めました。

☆メタフェイズの好きなところはありますか?

自分の任された仕事をしていれば、時間の使い方が自由なところです。
上司や先輩でも意見を言いやすい環境なので、自分のやりたいことがあれば、
積極的にやらせてもらえるし、良い経験や技術を持っている社員が多いので、
学ぶことができるのも良いと思います。
立地も地下直結で便利なので好きです。

kan01.jpg

☆仕事をしていて楽しいと思う時や、やりがいは何かありますか?

新しいものを作る事が楽しいし、お客様からの難しい希望を叶える事が出来た時は嬉しいです。
今関わっているのが大手のクライアントなので、
誰もが知っているWEBサイトに携わっていることも誇りにでき、やりがいにつながっています。

☆仕事をする上でこだわっている事はありますか?

自分の失敗でWEBサイトが止まってしまうような事がないように、
とにかく失敗やミスをしないように気を付けています。
チェックは二重にして、他にも色々な可能性を考えます。
通常では考えられないテストケースを作ったりして、二重三重にテストをしたりしています。

☆今後の課題はありますか?

もっと色々な経験をしたいです。
WEB以外の事でもアプリとかジャンルを問わず仕事の幅も広げたいし、
機会があれば新しい事業やアイテムで開発をしていきたいですね。

あとは色々な人と交流をして、他の職種の方の事も知っていきたいです。

☆お休みの日は何をしているんですか?

主に家事をして、ゲームをしたり、近所の川沿いを走ったりしています。
面白い映画があれば、映画を見るのも好きです。

kan04.jpg


ということで・・・インタビューはここまで!
姜さんの名刺の生物はクロサイ。

kan05.jpg

代表になぜクロサイをつけたのか聞いてみました!

「いろんなサイがいますが、かんちゃんはクロサイです。
大きな体と太い角によって強そうに見えますが、
実はかなり、穏やかで優しい個体も存在していて、かんちゃんの性格にピッタリかなと。
クロサイもメタのエンジニアも絶滅危惧種なので大切にしてあげたいですね。」

ということでした!

ちなみにサイは聴覚と嗅覚には優れているのだそうですが、
視力はとても弱いのだそうです。
硬い角の部分は爪や髭と同じ成分だというので驚きですね!

さて、毎月お送りしていた社員インタビュー「今月の主役!」ですが、
実は一通りの社員を紹介してしまったので、今月で最終回となります。

次回は総集編として、今まで紹介してきた社員の中から数名の成長っぷりをご紹介したいと思います!
お楽しみに!!

一覧へ戻る

採用情報

進化し続ける人、求めています。

変化の多い社会から必要とされる会社でありたい。

メタフェイズが大切にしているのは顧客本位の原点です。

あなたのヤル気とセンスが選考のポイントです。

ENTRY