スキンケアに関する意識調査 敏感肌編

調査概要 調査期間:2013年2月15日~2013年2月18日 / 調査機関:株式会社ボーダーズ(モニタサイト「アンとケイト」)  / 調査方法:インターネットアンケート / 調査対象:全国一般生活者 / 標本数:4804SS(敏感肌調査)12001SS(肌トラブル診察調査)

敏感肌を認識している生活者の割合 敏感肌だと思う:42.4% / 敏感肌だと思わない:45.6% / わからない:12.0%

調査結果まとめ 20代から40代の女性に行った、スキンケアに関する調査結果では、「自分は敏感肌」と回答した女性はなんと4割以上!肌悩みの症状は様々ですが『それって敏感肌??』と思う回答も多くありました。しかも敏感肌用スキンケアを使用していない人が大半。実際何を使えばいいのか悩んでいる女性が多いのではないでしょうか?

お問い合わせはこちら

アンケート調査詳細

-第1回- 20-40代女性におけるスキンケアに関するユーザー動向調査レポート

“4割強の女性が「自分は敏感肌」と回答”

Webサイト制作を手掛け、4,000サイト以上の実績を持つ
株式会社メタフェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:城野誠大)は
20代から40代の一般女性を対象に、『スキンケアに関する意識調査~敏感肌編~』を実施しました。

敏感肌を認識している生活者の割合

あなた自身の肌質を「敏感肌」と思われますか?
あてはまるものをお答えください。

4割強の女性が「自分は敏感肌」と回答

敏感肌の症状

敏感肌の症状として、あなたがお感じになる症状として、あてはまるものをすべてお選びください。

敏感肌の症状としては「かさつき」51.8%、「肌荒れ」49.1%

ページトップへ

現在使用中のスキンケアブランドを使い始めた理由

あなたが現在お使いのスキンケア化粧品を使い始めた理由はなんですか?あてはまるものをすべてお答えください。

「皮膚科医開発・推奨」が購入動機となったのは6.2%

ページトップへ

肌トラブルの診察経験

あなたは過去3年以内に肌のトラブル(お顔)が原因で、皮膚科医の診察を受けたことはありますか?

肌トラブルによる診察経験は約2割

受診理由

あなたが診察を受けた肌トラブル(お顔)はどのようなものですか?複数回、診察を受けられている方は直近の診察理由をお答えください。
※複合的な症状で診察をされた方はその全てをお選びください。

ページトップへ

敏感肌を認識している生活者の使用スキンケアブランド

あなたが現在お使いのスキンケアは何ですか?当てはまるものをすべてお選びください。

推奨スキンケア化粧品の購入動向

あなたは皮膚科医に推奨を受けたスキンケア製品を実際に購入されましたか?
あてはまるものをお選びください。

医療機関でのスキンケア化粧品の推奨

あなたは皮膚科医の診察を受けた際に、特定のスキンケア化粧品の推奨を受けましたか?推奨を受けたスキンケア化粧品ブランドを以下よりお選びください。
※複数のブランドの推奨を受けたことのある方は直近の経験をお答えください。
※スキンケア化粧品…洗顔料、化粧水等

ページトップへ

お問い合わせはこちら