new_window arrow_01 arrow_02 arrow_03 arrow_04 arrow_05 arrow_06 arrow_07 arrow_08 arrow_09 menu close metaphase facebook instagram twitter tumblr logo_metaphase

≪メタフェイズ独自調査≫『年末年始のネットショッピング利用に関する調査』を実施-年末年始いつもより利用多いが約半数[詳細グラフ付き]

リリース

2013.01.21

株式会社メタフェイズは、普段からインターネットで買い物をしている20歳以上、60歳未満の男女を対象に『【第1回】一般ユーザーにおける年末年始のネットショッピングに関する調査』を実施しました。普段からよくインターネットで買い物をしているユーザーが年末年始の大型連休には、いつもと違った利用動向をするのか調査をしてみました。

【調査概要】

調査名:【第1回】一般ユーザーにおける年末年始のネットショッピングに関する調査
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象者:普段からインターネットで買い物をしている20歳以上、60歳未満の男女
調査時期:2013年1月15日~16日
有効回答数:770サンプル
▽ 回答者分布
[性別]男性 384サンプル(49.9%) 女性 386サンプル(50.1%)
[年齢]20歳~29歳 192サンプル(24.9%) 30歳~39歳 192サンプル(24.9%) 40歳~49歳 193サンプル(25.1%) 50歳~59歳 193サンプル(25.1%)
調査機関:アンとケイト(株式会社ボーダーズ)

今はインターネットで何でも買えてしまう時代。今回は普段からインターネットでよく買い物をしているユーザーに限定し、年末年始の大型連休には、いつもと違った利用動向をするのか調査をしてみました。

【調査結果概要】【Q1 あなたは普段、インターネットで買い物をする頻度はどの程度ですか? 】N=4,802
週に1回以上 412名(8.6%)月に2~3回程度 1355名(28.2%)月に1回程度 1471名(30.6%)年に数回程度 1176名(24.5%)ほとんど買い物はしない 388名(8.1%)

(Q1で「週に1回以上」「月に2~3回程度」「月に1回程度」と答えた人のみ)
【Q2 あなたは年末年始にインターネットで買い物をしましたか?
※インターネットでの有償コンテンツダウンロードも含む。】N=3,238

はい 2609名(80.6%)いいえ 629名(19.4%)

まず、初めに、スクリーニング調査として、4,802名の方に、普段のネットショピングの頻度を調査したところ合計67.4%の方が、毎月、買い物をしていることがわかりました。
その方たちに対して、更に、この年末年始の休暇中にも、ネットショッピングを利用したか、聞いたところ、80.6%の方が利用したことがわかりました。
帰省や旅行等で、家を空けることが多い年末年始でも、ネットショッピングの利用は、日々の生活に欠かせない存在になっていることが伺えます。
(Q2で「はい」と答えた人のみ)
【Q3 この年末年始、インターネットでの買い物についてお伺いします。普段のインターネットでの買い物と比べて、全体的に購入金額は変わりましたか?
※インターネットでの有償コンテンツダウンロードも含む。 】N=770

かなり多い 105名(13.6%)やや多い 237名(30.8%)ほぼ同じ 360名(46.8%)やや少ない 49名(6.4%)少ない 19名(2.5%)

年末年始もネットショッピングを利用した方に、普段の利用金額と比べて、
購入金額が多かったか少なかったかを聞いたところ、
「いつもより、かなり多く利用した」と回答した人は13.6%、
「いつもより、やや多く利用した」と回答した人は30.8%で、合計44.4%でした。
逆に、「やや少ない」6.4%、「少ない」2.5%で、いつもより年末年始のECサイト利用が少なかった人の合計は、わずか8.9%しかいませんでした。

この結果から、年末年始のネットショッピング利用は、普段と同じか、多い人の合計が91.1%もいることがわかりました。
(Q3で「かなり多い」「やや多い」と答えた人のみ)
【Q4 この年末年始、インターネットでの買い物についてお伺いします。普段のインターネットでの買い物と比べて、金額が多かった理由はどれに当てはまりますか?
※インターネットでの有償コンテンツダウンロードも含む。 】

年末年始ならではのお得情報が多かったため 164名(48.0%) 店舗が休みだったため 40名(11.7%)時間にゆとりがあったので、その暇を埋めるため 102名(29.8%)普段は忙しくて買えず、長期休暇のタイミングで検討・購入した 79名(23.1%)お財布に余裕があったので 67名(19.5%)ちょうど年末年始のタイミングで欲しい商品が発売されたから 111名(32.5%)年末年始忙しく、外出している暇がなかったため  35名(10.2%)その他 19名(5.6%)

各ショップが年末年始に合わせてセールを行なったり、
福袋や、年末商戦に発売される商品に注目が集まっていることがわかりました。
また、長期休暇の「暇つぶし」にインターネットで買い物をするというライフスタイルも定着してきているようです。

(Q3で「やや少ない」「少ない」と答えた人のみ)
【Q5 この年末年始、インターネットでの買い物についてお伺いします。普段の買い物と比べて、金額が少なかった理由は、どれに当てはまりますか?
※インターネットでの有償コンテンツダウンロードも含む。

お財布に余裕がなかったため 21名(30.9%) インターネットする時間がなかったため 13名(19.1%)普段より配送が遅れると思ったため 7名(10.3%)特に欲しい商品がなかったため 42名(61.8%)その他 1名(1.5%)

普段のネットショッピングと比較して、年末年始の利用が少なかった人は、合計8.9%しかいませんでした。ネットショッピングに限らず、何かと買い物が多いこの時期財布の紐がゆるかった人が多いのも頷けます。

(Q5で「週に1回以上」「月に2~3回程度」「月に1回程度」と答えた人のみ)
【Q6 あなたは普段インターネットの買い物で以下の商品をどの端末を利用して買い物(決済)していますか?メインでお使いの端末を1つお選びください。
※年末年始を除く】

普段のネットショッピングについて、どんな商品をどの端末で購入(決済)しているのか、聞いてみたところすべての項目において、パソコンが中心であることがわかりました。
12ジャンル中、10ジャンルにおいては、パソコンでの購入が8割を超えています。
唯一、「音楽ダウンロード・ゲームダウンロード」分野については、パソコンが21.9%、スマートフォンが17.2%と近い数値になっています。

(Q2で「はい」と答えた人のみ)
【Q7 あなたはこの年末年始、インターネットでの買い物で以下の商品をどの端末を利用して買い物(決済)しましたか?メインでお使いの端末を1つお選びください。 】

帰省や旅行で、家を離れることの多い年末年始には、スマートフォンやタブレットPCなど、
モバイル端末での買い物が多くなるのではないかと考えていましたが、
実際には、時期を問わず、パソコンでの利用が多いことがわかりました。

【まとめ】今回の調査では普段インターネットでよく買い物をするユーザーに絞って、
年末年始のネットショッピングに関する調査をしてみました。
福袋や年末年始セールなど、普段よりお得な買い物ができる機会が多いため、
ネットショッピング利用率が高いのは納得のいく結果となりました。
しかし、モバイル端末利用が少ないことから帰省先や旅行先ではネットショッピングをせず、
年末年始を自宅で過ごした人たちのネットショッピング利用率が高いことが想像されます。
この結果は、今後のECビジネスのデバイス戦略を検討する上で
「”どこで”接触しているか?」が大変重要であることを意味していると考えられます。

【メタフェイズECサイト制作実績】
http://works.metaphase.co.jp/site/shoppingsite/

本件に関するお問い合わせ
URL :→ https://www.metaphase.co.jp/contact/
メール:→ info@metaphase.co.jp(広報担当:酒井)

下記の資料請求ボタンからお問い合わせいただくと
『ECサイト売上アップのための7つのヒント!』
の資料をもれなく送らせていただきます。本資料は私どもが過去数年、EC事業者様とともに試行錯誤を繰り返した結果得た知見を
「7つのヒント」としてまとめさせていただきました。
業種、業界を問わず参考にしていただけるよう、より汎用的に、また事例を交えて具体的に解説させていただいております。
どうぞご利用ください!