new_window arrow_01 arrow_02 arrow_03 arrow_04 arrow_05 arrow_06 arrow_07 arrow_08 arrow_09 menu close metaphase facebook instagram twitter tumblr logo_metaphase

メタフェイズが制作したジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の「Johnson’sブランドサイト」が「アックゼロヨン・アワード2006」で『最優秀プロモーションサイト』を受賞

リリース

2006.11.28

Webブランディングカンパニーの株式会社メタフェイズ(本社:新宿区新宿 代表取締役社長:城野 誠大)が制作いたしました、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:松本 晃)の「Johnson’sブランドサイト」が、webアクセシビリティを推進する「アックゼロヨン・アワード2006」にて『最優秀プロモーションサイト』に選ばれ、10月31日に表彰されました。

今回、この「アックゼロヨン・アワード2006」において、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の「Johnson’sブランドサイト」は、最もデザイン性が高く、アクセシビリティとクリエイティブに優れたサイトとして『最優秀プロモーションサイト』を受賞いたしました。

アックゼロヨン・アワードとは

アックゼロヨンは、アックゼロヨン実行委員会と社会福祉法人プロップ・ステーションが主催しており、日本のWebサイトにおけるアクセシビリティの普及と、クリエイティブな面との両立を図るため、イベント・セミナーの開催・運営やアワードの制定を主体に活動しています。 「アックゼロヨン・アワード」では、日本において最もデザイン性に優れ、かつ多くの人が簡単にアクセスできるアクセシビリティに優れたWebサイトを、業界の第一線で活躍するクリエイターや知識人たち10人で構成される審査員により、アクセシビリティ、ユーザビリティ、視覚表現、サイト構造、SEO、情報デザインなどの点から表彰しています。

http://www.acc04.jp/

受賞サイト

受賞:最優秀プロモーションサイト
受賞サイト:Johnson’sブランドサイト http://johnsons.jp/

受賞理由

今回の「アックゼロヨン・アワード」では、計139の応募サイトの中から、アクセシビリティとクリエイティブに優れたサイトが選出されました。

受賞理由としては、プロモーションサイトというとクリエイティビティが重視されてしまいがちなサイトが多い中、アクセシビリティ・ユーザビリティがきちんと確保されている点が高く評価をされました。

Webサイトのリニューアルを実施するにあたって、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社様のブランドテーマである「母子の絆」を表現できるよう、赤ちゃんとお母さんをイメージした柔らかいデザインとFlash、コンテンツで、ブランドらしさを出すよう心がけました。またユーザーを考えた情報を盛り込み、必要な情報が整理された、誰もが「使いやすいWebサイト」という点に留意しながら制作いたしました。

株式会社メタフェイズは、今後とも、アクセシビリティとクリエイティブの両立と、Webサイトを利用される人にやさしいWebサイト作りを目指して企業様のブランド作りをお手伝いしていきたいと思います。

社名:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
所在地:東京都千代田区西神田三丁目5番2号
URL:http://www.jnj.co.jp/
代表者:代表取締役社長 松本 晃
設立:1978年8月
資本金:40億円