new_window arrow_01 arrow_02 arrow_03 arrow_04 arrow_05 arrow_06 arrow_07 arrow_08 arrow_09 menu close metaphase facebook instagram twitter tumblr logo_metaphase

サーチフィールドCI変更プロジェクト
コーポレートサイト

CLIENT:株式会社サーチフィールド

Released:2017.07

プロジェクト概要

サーチフィールドの「今」を表現するビジュアル構築

創業当時の事業ドメインと現在の事業ドメインは大きく変わってきていましたが、
企業としてのイメージや顔つきは創業当時からあまり変化がありませんでした。
それにより主に採用希望者に対してイメージのギャップが生まれ、ミスマッチが起きてしまっているという課題がありました。
その課題を解決すべく、サーチフィールド内でコーポレート・アイデンティティの見直しが検討され、
その一環としてコーポレートサイトのリニューアルプロジェクトが立ち上がりました。
本プロジェクトでは、様々な事業の根幹にある「クリエイターの活躍の場を増やす」というサーチフィールドのビジョンをより強く訴求すると共に、
サーチフィールド自身が「クリエイター」であることを表現することをテーマにビジュアル開発をしました。

プロセス

  • 戦略立案・策定
    戦略立案・策定
  • ビジュアルデザイン
    ビジュアルデザイン
  • 開発
    開発

ギャラリー

サーチフィールドCI変更プロジェクト
サーチフィールドCI変更プロジェクト

サイトを見る

「線と線が交わることで点が現れる」インタラクション

「線と線が交わることで点が現れる」インタラクション

メインビジュアルのインタラクションは、
”まだ出会っていない社会や業界に、才能ある人を結びつける”サーチフィールドのサービスを表現。
MVのみではなく、ページタイトルやボタンリンク・写真を囲むエリア等、
サイト全体で「線と点」を用いた演出をしております。
手描きテイストのアイコン

手描きテイストのアイコン

イラストを綺麗に仕上げるためにデジタルを使うとしても、
実際にタッチを生み出し、描き出すのは人と考え、
デジタルの中に少しの人間味を加えた手描きテイストのアイコンにしました。
初稿時のアイコン

初稿時のアイコン

当初は、定規とコンパスを実際に使い鉛筆で描いたアイコンをスキャニングし配置していましたが、
建築感が強くでてしまったため、クライアントへの初稿提案直前に現在の形に手直ししました。
TOPページ ラフスケッチ

TOPページ ラフスケッチ

ほぼ全ての案件で、PhotoShopにてビジュアルデザインを制作する際、
ラフスケッチを描き、頭を整理し表現することを決めてから作業に取り組みます。
(担当デザイナー:小畑)
撮影写真の原案

撮影写真の原案

イメージカットを検討するためにオフィスにお邪魔させて頂き、
弊社デザイナーがiPhoneで撮影をしました。
※実際の写真はカメラマンさんが撮影してくれてます。
ビジュアルの方向性検討

ビジュアルの方向性検討

ビジュアルの世界観を検討するにあたりCool、Pop、Simple、Decorativeの4象限マトリックスをベースに
どの方向性を目指すかを議論しました。
※プロットされている企業名は伏せさせて頂きます。

プロジェクトメンバー

  • ヤモリ

    吉本 健太(フェニックス)

    グループリーダー/UXディレクター

  • ヤモリ

    角田 亜久里(イッカク)

    ディレクター

  • ヤモリ

    小畑 裕一(ユニコーン)

    リーダー / アートディレクター

  • ヤモリ

    苗代澤 真祐(ラバーダック)

    デザイナー

  • ヤモリ

    浅見 柚衣(スムースチワワ)

    マークアップエンジニア