new_window arrow_01 arrow_02 arrow_03 arrow_04 arrow_05 arrow_06 arrow_07 arrow_08 arrow_09 menu close metaphase facebook instagram twitter tumblr logo_metaphase

SPRING VALLEY BREWERY
ブランドサイト

CLIENT:スプリングバレーブルワリー株式会社

Released:2018.09

プロジェクト概要

新規ユーザーの流入増加に向けた、コミュニケーションの最適化

リニューアル前は店舗情報の取得がサイトの目的でしたが、クライアントのマーケティング戦略により、自社店舗が中心だった販路を全国の飲食店に拡大。ユーザーとのタッチポイントが広がることで、サイト内のコミュニケーションを見直す必要がありました。そこでユーザーニーズをゼロから考察。クライアントが展開するプロモーションやイベントを洗い出しつつ、SNSでのスクリーニング調査をかけました。結果、4タイプのユーザーニーズに分類され、それぞれのユーザーに対し、コンテンツ設計と導線設計を実施。

例えば、製品名をきっかけにそのビール単体について詳しく知りたいユーザーに対しては、ビール単体の美味しさやストーリーだけでなく、ビールに合う料理、飲み比べの楽しさなど、SVBが提唱する多様なビールの味わい方を知ってもらえるように設計。SVBのクラフトビールに興味を持ってもらい、ファン化する仕掛けを行いました。また、主要ページの完読率やアクションに直結するボタンのクリック数をKPIとし、クライアントのマーケティング戦略への貢献度を可視化。CMSも導入し、日々更新される限定ビールもリアルタイムで発信できるようにしております。

プロセス

  • 戦略立案・策定
    戦略立案・策定
  • ビジュアルデザイン
    ビジュアルデザイン
  • 開発
    開発
  • KPI設計
    KPI設計

ギャラリー

SPRING VALLEY BREWERY
SPRING VALLEY BREWERY

サイトを見る

プロジェクトメンバー

  • ヤモリ

    粟野 唯史(シャクトリムシ)

    リーダー/ディレクター

  • ヤモリ

    亀海 克行(アオウミガメ)

    マークアップエンジニア

  • ヤモリ

    比佐 賢一(オケラ)

    プログラマー